交通事故の際には?

もし事故が起きてしまった場合、必ずPolizei(警察)を呼びます。それがどんなに小さい事故であっても警察を呼ぶことが法的にも義務付けられています。警察官は最近どちらに責任があるかを明言しない傾向ですが、それでも警察を呼ぶことによって責任の所在の公平性が高まります。

 

自己主張をする、簡単には謝らない、という習慣のドイツにおいては、交通事故の際の日本人の習慣が責任転換などの不幸を招いてしまうことがしばしばあります。事故の際は、それがどうして起こった事故なのかを証明する破損した車の位置なども大事な証拠になりますので、警察は必ず呼んでください。

  

電話番号は日本と同じ...

 

「110」

 

となります。SIM ロックのかかったケータイでもNotruf だけはコールできるようになっています。

 

英語で通じることもありますが、もしお困りの場合は下記の電話番号先にて緊急オンライン通訳の対応が可能です。

 

つまり、下記の電話を通じて、緊急に伝えなければならないことを、日本語とドイツ語ができるボランティアの通訳を通じて警察に伝えることができます。

 

緊急 ホットライン No.

Tel.: 0152-3172 3829 (デュッセルドルフ)

Tel.: 0173-316 6547 (フランクフルト)

 

ボランティアによる奉仕活動です。

緊急の事故の時にご利用下さい。

その他緊急性のないお問い合わせなどはご遠慮下さい。

緊急性のないものは、こちらの掲示板、あるいは下記にて質問可能です。

「ミスアラーム」 のコールがないようにご協力お願いいたします。

 

 

Ihre Formularnachricht wurde erfolgreich versendet.

Sie haben folgende Daten eingegeben:

ISO SOS お問い合わせフォーマット

Bitte korrigieren Sie Ihre Eingaben in den folgenden Feldern:
Beim Versenden des Formulars ist ein Fehler aufgetreten. Bitte versuchen Sie es später noch einmal.

Hinweis: Felder, die mit * bezeichnet sind, sind Pflichtfelder.

     ↑ ↑ ↑ 送信クリックボタン