デュッセルドルフ市内で日本人被害の窃盗事件が多発中

ドイツでは日本の4倍以上の犯罪が発生しています。殺人は約 2、強盗は約 13、窃盗は約 3。そしてデュッセルドルフが州都である、NRW州ではドイツ16州の中で、最も多くの犯罪が発生しています。そしてデュッセルドルフは、大規模都市別の犯罪件数で、フランクフルトに次ぐ第 2

 

デュッセルドルフの中央駅前から旧市街・ライン川の方に向かう、Immermannstr. (インマーマンシュトラーセ)界隈では、不審人物そうな人はあまり見かけない上に、多くの日本人を見かけるので、ついつい安心してしまいますが、実は日本 人が被害者となる窃盗事件が多発しています。保険会社には、毎日のように類似の被害届けの連絡が入っています。

 

日本は島国である上に単一民族なので、世界的なレベルでみるとかなり安全で、治安に対する日本人の常識は、世界のレベルで見るとかなり非常識で、甘 いものとなります。さらに日本人は、もし犯罪が明るみに出てもそれほど騒がないので、窃盗団のいいカモとして標的にされています。

 

ベルリンの空港でも、タバコを一服している時に、足元、両足の間に置いた荷物を持っていかれるなど、その手口(*)は鮮やかで、日本人にとってはまるで手品のようなレベルです。貴重品の取り扱いには、日本人にとっては非常識なレベルでの注意が必要です。

 

* 他にもいくつかある手口は、下記のデュッセルドルフ総領事館発行の資料をご覧ください。機内で長い時間、タバコを吸えずにいた後の最初の一服。大変に気がゆるんでいる時です。犯人たちはそういうシーンを狙っています。

 

デュッセルドルフの総領事館からは、先日下記の内容のメールも発信されていますが、このようなメールは、在留届にメールアドレスの明記がないと受け取ることができません

 

在留届は貴重な資料となりますので、内容に変更がある場合は、領事館のウェブサイトに申請用紙が用意してありますので、その申請用紙を使って申請・更新してください。提出は、郵送、Fax、インターネットでも可能です。

 

詳しくはこちら

 

【件名】
(在デュッセルドルフ総領事館)新たな手口の車上狙いに注意して下さい。
【本文】
在留邦人の皆様へ
本メールは緊急情報ではありませんが、安全上有益なためにご案内させていただきます。デュッセルドルフ市内では、最近、新たな手口の窃盗(車上狙い)が多 発しており、警察が警戒を呼びかけています。その手口は、犯人が車を叩きながらペット用の散歩ひもを示し、「ペットがこの車にひかれた」、「犬が、犬が! (Hund,Hund!)」などと運転者に訴えて降車させ、その隙に共犯者が車内の金品を窃取するというものです。


運転者を車外に誘い出す手口としては、このほかにも、「タイヤがパンクしている」、「車の後部が壊れている」などと声をかける事例も把握されています。運転中に車外から声をかけられてもすぐに信用せず、貴重品を置き去りにしないよう冷静に注意深く対応して下さい。


また、デュッセルドルフ中央駅や旧市街などでは窃盗被害に遭う邦人の方が多くみられますので、引き続き御注意下さい。

 

デュッセルドルフ総領事館 防犯ちらし
防犯ちらし.pdf
PDF-Dokument [460.9 KB]
デュッセルドルフ総領事館 窃盗事件
140410_setou-jiken.pdf
PDF-Dokument [149.9 KB]
デュッセルドルフ総領事館 日本クラブ講演
201309日本クラブ講演 部外提供用概要+.pdf
PDF-Dokument [127.9 KB]

 

詳しくは、デュッセルドルフ日本総領事館のウェブサイトもご覧ください。

 

関連ブログ